まつなが歯科医院のBLOG

2015年7月18日 土曜日

奥歯の虫歯の治療 その2(ダイレクトボンディング)

マイクロスコープで見ると詰め物と歯の間に隙間が出来てそこから虫歯が出来ているのが分かります。


齲蝕検知薬という虫歯の部分だけを染め出す薬品を用いて、虫歯の部分は除去し健全な歯の部分は極力残します。
従来の型を取って詰める方法だとある程度の大きさを設けなくていけないので虫歯の部分以上に削る必要がありましたが
ダイレクトボンディングの場合は複雑な形にもある程度対応出来るためこの様な治療が可能です。


これが治療後の写真です。実際には奥歯で唾液に触れやすい部分ではラバーダムというゴムのマスクをしていただき、
患部の歯のみ、もしくはその周りの歯だけを露出させ唾液に触れないように慎重に詰め物をしていきます。
今回のケースも治療中はラバーダムをして頂き、治療を行いました。
その際に出来るだけ本来の形状を作り自然な咬み心地を回復する様に心がけております。


この方法なら1回で治療が完了します。
ただどの歯でも出来るわけではなくかみ合わせた時に力が
かかる部分を含んでいると欠ける事があるので事前に噛み合わせ
のチェックも必要になってきます。

今回のケースでも保険適用で治療を行っています。



投稿者 まつなが歯科医院 | 記事URL

2015年7月 1日 水曜日

奥歯の虫歯の治療(ダイレクトボンディング)


奥歯の歯と歯の間に出来てしまった虫歯の治療です。
よく見ると黒く透けて歯の間にも食べ物がつまっています。


マイクロスコープという顕微鏡を見ながら虫歯の部分だけを
染め出す薬品「う蝕検知薬」を用いて慎重に虫歯の部分だけを
除去していきいます。


歯と歯の間、歯と詰め物の間に隙間が出来ない様に慎重に
コンポジットレジンという樹脂を詰めて終了です。

この方法なら1回で治療が完了します。
ただどの歯でも出来るわけではなくかみ合わせた時に力が
かかる部分を含んでいると欠ける事があるので事前に噛み合わせ
のチェックも必要になってきます。

今回のケースでは保険適用で治療を行っています。


投稿者 まつなが歯科医院 | 記事URL