ホーム > 小児歯科について

小児歯科について

お子さまの歯の健康を守れるのは親御さまです

練馬で勤務医をしていたときには、日大・小児歯科の講師をされていた先生のもとで、7年間勉強をさせていただいてきました。今もこの分野の勉強を続けています。

虫歯にならない為に

親御さまは「うちの子は歯磨きもちゃんとしているのに、なぜ虫歯になるの?」と思っていらっしゃいます

歯は一生の財産です。子供のうちからきちんとした治療と予防を行う事がとても大切です。
小児歯科ではお子様の虫歯を治すだけでなく、虫歯を予防するために、歯並び、咬み合わせ等も診察、親子そろって歯の磨き方やお口の健康維持のための指導も行っています。
歯医者を怖がるお子さんはとても多いです。でも、歯をきちんと治してもらいたいので、歯医者を怖がらず、楽しく通院していただける様な雰囲気づくりを心がけています。

マウスピース型 矯正装置 (ムーシールド)

ムーシールドは、幼少期(3歳頃)からはじめる矯正治療です、主に受け口を治す際に用います。
マウスピース型の矯正装置を使用して、かみ合わせを治していきます。就寝中にくわえるだけで、日中はつけている必要はありませんので、小さいお子様に対しても負担が小さい治療を行うことが可能です。
多くは数カ月から1年程度で受け口が改善されます。