ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

ご存知ですか?歯を失う原因の第1位は「歯周病」

歯のトラブルといえば、まず思い浮かぶのは虫歯でしょう

歯のトラブルといえば、まず思い浮かぶのは虫歯でしょう。
しかし、実は歯を失ういちばんの原因は、虫歯ではなく歯周病なのです。なんと、歯周病の罹患率は実に成人の80%と非常に高く、自覚症状がないため、かなり悪化して歯がぐらぐらになってから気づくことが少なくありません。
「虫歯かなと思って受診したら、歯周病だった」
といった経験を持つ患者さまが、実はたくさんいらっしゃいます。
本人の自覚なしに進行してしまう歯周病は、「静かな病気」ともいわれる怖い病気です。

そもそも歯周病って何?

第2段階までは、ほとんどの方が「歯周病になった」という自覚がないのが現状です。第3~4段階まで進むと、治療をしても元に戻せないばかりか、歯を失う確率が大変高くなってしまいます。
「歯茎から血が出る」「歯茎が腫れる」といった症状があれば、一度歯科医院を受診されることをおすすめします。

  • 歯茎に赤い部分が見られる
  • 歯を磨くたびに出血する
  • 歯茎が赤紫色になって膿が出始める
  • 歯茎が下がって抜け落ちる寸前

第2段階までは、ほとんどの方が「歯周病になった」という自覚がないのが現状です。第3~4段階まで進むと、治療をしても元に戻せないばかりか、歯を失う確率が大変高くなってしまいます。
「歯茎から血が出る」「歯茎が腫れる」といった症状があれば、一度歯科医院を受診されることをおすすめします。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)

歯周病は細菌の感染症です。その細菌が繁殖する場所が、歯周病の原因といわれる「プラーク(歯垢)」です。

なぜ多くの人が、歯周病になってしまうのでしょうか?

歯周病は細菌の感染症です。その細菌が繁殖する場所が、歯周病の原因といわれる「プラーク(歯垢)」です。
歯の表面に残った食べカスに細菌が繁殖してプラークをつくります。
そのまま状態にしておくと、歯のエナメル質を溶かし、虫歯を発生させ、細菌はどんどん歯周ポケットの奥深くを進んでいき、歯肉が炎症を起こすます。
さらに進行すると、細菌は歯を支える骨を溶かし、土台が崩れてしまい、歯を失う原因になります。

歯周病治療の基本はブラッシングと歯石の除去

そして歯周病治療で最も大事なのは、治療後のケアです。
定期的に歯科医院に通院し、クリーニングを行いつつ、ご自身でもしっかりとブラッシングを行いましょう。
そのために、適切な歯みがきの方法を指導しています。

特に、歯と歯肉の境目の清掃は重要です。
多くの方は、すでにお口の中に歯垢や歯石を溜め込んだ状態です。
歯周ポケットの奥や歯ブラシが届きにくい所は、なかなか自分のブラッシングでは除去できません。予防には定期的な歯垢の除去やプロによるクリーニングが有効です。

歯周病はさまざまな病気に関係しています

かつては、歯周病はお口の中だけの病気と考えられてきましたが、近年では歯周病が身体全体に与える影響についても研究が進んでいます。
一般的には、糖尿病や心疾患、誤嚥性肺炎などとの関係が指摘されています。

根管治療

患者さまから一番見えにくいのが根の治療かもしれません。根の治療は本当に時間がかかってしまうものです。

歯の根の治療の際、どれだけ無菌的に感染物質を除去できるかが治療の成功率に大きく影響してきます。
唾液の中には目に見えない細菌が多く存在します。
当院では唾液の混入を防いだり舌やお口の粘膜を傷つけないようにラーバダムというゴムのシートを使い根の治療を行っております。